5
months ago
> NEWS

Interview: Bae Tokyo

Bae Tokyo is a creative agency that emboldens women by providing a platform for DJs and artists and creates a platform to celebrate women and unity through events, partnerships and collaborations regardless of race or ethnicity or sexual identity. Starting from Atlanta, although their name is Bae Tokyo, Tokyo is merely their root and are expanding globally. Including touring in Singapore, Korea and Los Angeles, and connects women all around the world in the name of “Bae”. Bae consists of all-female members, and continues to challenge the male-centered club culture through a feminist approach. To celebrate international women’s month, VISLA sat down with Jayda B., the founder of Bae, and YonYon, the director to discuss where they are directed to and today’s club scene.

BaeTokyoは、国境や人種、性的アイデンティティーを超え、様々な女性アーティスト、DJの活躍を支援する為のプラットフォームを提供するクリエイティブエージェンシーだ。
イベント、パートナーシップ、コラボレーションを通じて世界中の音楽、カルチャーを繋げる架け橋となっている。アトランタで始まったこのムーブメントは、現在Bae Tokyoという名前を使うが、”Tokyo”は現在の本拠点にすぎず、ツアーを通してシンガポール、韓国、そしてLAまでその影響力を世界的に広げながら”Bae”という名前で世界中の姉妹たちを一つに繋げていっている。
Baeに関わる全てのメンバーは女性のみで構成されており、フェミニズムのアプローチを通じて男性中心のクラブ文化の改善に働きかけている。
VISLA Magazineは国際女性月間である3月を記念して、Baeの創設者であるJayda B.とディレクターのYonYonに会って彼女たちが何を志向しているか、そして今日のクラブシーンについて語ってもらった。

 

Can you give us a brief introduction?
Bae Tokyoについて簡単に説明すると?

YonYon: We try to create opportunities for female artists to express their talents and share a creative space. We are a creative agency that actively collaborates with artists from other countries and create a cultural movement. Bae started from Atlanta then the first Bae Tokyo party was in November 2015, and since then, we have been able to meet a lot of female artists while curating our events and DJing other parties. All of the members, including DJs, photographers, painters and designers, are women. Women from various fields gather in one space and plan events in a family-like environment. The management team supervises the events internally and externally.

YonYon: 私たちは女性アーティストが自身のタレント(能力)を外に表現する環境を作り、その空間を共有することで彼女たちの活動を支援しようとしている。日本だけではなく、海外のアーティストたちとも積極的にコラボしながら、文化的なムーブメントを作る働きをしている。アトランタでその原型は始まっていたが、東京での活動は2015年の11月からイベントを打つようになって、複数の企画を通して様々な女性アーティストに出会ってきた。DJはもちろん、ミュージシャン、フォトグラファー、ライブペインター、グラフィックデザイナーなど、Baeに関わるすべてのスタッフが女性で構成されている。それぞれ異なる領域で活動している女性が一つの場所に集まって、まるで家族のようにお互いを尊敬し、共にイベントを企画していく。Baeのマネージメントチームはこれらを内外的に管理している。

Jayda B: We’re an agency rather than a collective. ‘Collective’ sounds too broad and exclusive. This year, we have been able to work with so many different women in and outside of Tokyo and we host everything in-house that we realized we were already operating as a creative agency. We house our own designers, photographers and DJs for example.

Jayda B: コレクティブというよりはクリエイティブエージェンシーの方に近い。’コレクティブ’という単語は意味が広すぎるし、ある意味で排他的なニュアンスがあるから。最近、私たちは東京を基盤にその他の地域の女性たちと一緒にコラボしながらエージェンシーとして発展したということがわかった。Baeというエージェンシーの中にデザイナー、フォトグラファー、DJなどが全部含まれているから。

 

How did you started to Bae Tokyo?
BaeTokyoを始めたきっかけは?

YonYon: First, I think I would have to start by explaining how Jayda B. and I met. I was working at a club and was organizing events. Club manager suggested to do a girls’ party, and we started to book artists. Then, a friend of mine introduced me to Jayda B. because she started doing a similar thing in USA that was already developed a bit, so we decided to do this together. I’ve been working in the seen for quite a while so I knew a lot of female artists at that point.

YonYon: まず、最初に説明するべきものは、この二人(YonYonとJayda b.)がどうやって出会ったのかという話だと思う。私はクラブで働いていて、イベントのオーガナイズも長年やってきた。ある日、クラブ関係者に女の子のパーティーを作ろうよと誘われて、アーティストのブッキングを進めていたところ、オーガナイザー仲間がジェイダのことを紹介してくれた。ヨンヨンと同じことをアメリカでやってた人がいるよ、と。彼女と一緒にやろうと言ったのがこの二人の出会い。当時、私はそれまで担当してきたパーティーから、たくさん女性アーティストを知っている状態だったので。

 

Jayda B started Bae in Atlanta right?
Baeをアトランタで始めた時の話が聞きたい。
.

Jayda B: My friend in Atlanta owns a bar called “The Sound Table” and he used to throw a party called ‘Ramen Freak’, where a Japanese chef would come in and make ramen and there would be DJs. He invited me to play really liked my set. From there, he gave me a date to throw a party and do whatever I wanted to, at no cost. I asked one girl who was still new at DJ-ing to collaborate with me on an all girls event since we had a free venue, and then she invited her friend along to join with us. I later moved back toTokyo to expand the platform, but it didn’t work out that way. Looking back, I think we had our own ideas and because we went through this, Bae Tokyo became what it is today, I think we had our own ideas and intentions we didn’t know about from the beginning that were never discussed together.

Jayda B:アメリカのアトランタでThe Sound Tableというバーを運営している友達がいた。そこで日本人シェフがラーメンを作って、DJたちが音楽をプレイする’Ramen Freak’というパーティーにたまたまブッキングされた時のこと。彼に私のDJセットを気に入ってもらって、私のスタイルでパーティーを企画してみて、と提案された。DJを始めたばかりの友達に箱代なしのスペースを見つけたから一緒に女性アーティスト中心のイベントやろうよと誘った後、その友達が連れてきたもう一人の女の子と3人で一緒に企画することになった。これがBaeの前身である。この企画を通してBaeのプラットフォームを広げようと東京に来たけど、思い通りにできなかった。しかし、今考えてみると、私たちがBaeを始めた時には自覚してなかった、自分なりのアイデアがあったと思うし、こういう過程があったこそ、今のBae Tokyoを確立することができたと思う。

YonYon: I joined Bae Tokyo in March 2016. After hearing the party concept, I’ve already worked in the Japanese club scene, so I was confident that we could make it into a big movement. Of course, with a lot of care.

YonYon: 実は私とジェイダが一緒にBaeTokyoをやるようになったのは、2016年の3月から。Baeの話を聞いた時は、それまで培ってきた経験とコネクションを通してこのムーブメントを大きく作れる自信があったで一緒にやろうと言った。もちろん、時間をかけてゆっくりと。。

Who are the core members of Bae Tokyo?
Bae Tokyoのメンバーの紹介をさせてほしい。

Jayda B: The management team of Bae Tokyo is myself, I’m the Founder, YonYon is the Director, we have MissInglewood, who does photography. She is also an Activation Manager. We also have Imani, who’s a singer and Activation Manager. They pretty much help us execute a lot of the ideas that we have.

Jayda B: BaeTokyoのマネージメントチームは創立者である私、ディレクターのYonYon、フォトグラファー兼アクティベーションマネージャーのMissinglewoodとシンガー兼アクティベーションマネージャーのImaniがいる。彼女たちはBaeのアイデアを実際に実行させることを手伝ってくれる。

YonYon: What about Ashley?

YonYon:Ashleyは?

Jayda B : Ashley! She’s not in Tokyo but she is actually the Head of Design for Bae Tokyo. She does every visual, flyers, she did logo, anything visually or aesthetically that we put out through Bae Tokyo, it always has to go through Ashley. She is the one who actually created the aesthetic of Bae. In Atlanta, her and I were working together a lot before. With me being a new DJ at the time, and needing mixtape covers and things like that, Ashely and I kind of bonded over our love for anime and nails. So in conversation, she’d always ask me like what inspire you visually, and my answer was always “Sailor Moon”.

So if you look at the original art work of my first mixtape, called ‘Beginner’s Luck (https://soundcloud.com/jayda_b/beginners-luck)’, it has the same aesthetic as what Bae has right now. Because that was the original idea and the color scheme and scale of Bae came from Creamy Mami and Sailor Moon. I always thought that the color scale of both of those animations were very cute. The high contrast is so bad, but looks really good within a certain style. Ashley was able to take that idea to Bae and make it something clean. A lot of people, they look at it and they’re like “Oh they’re so cool!”, even if they don’t know what it’s about.

Jayda B : Ashley! 彼女は東京には住んでないけど、Bae Tokyoのデザイン全般を担当している。フライヤーやロゴといったBae Tokyoで出してる視覚的なものは全てAshleyが作る。’Bae’の美学は彼女から来たものと言っても過言ではない。Baeを始める前にも、私はAshleyにデザインをお願いしたことがある。当時、私は新人DJだったので、ミックステープのアートワークなどが必要な時期だった。私とAshleyはネイルアートやアニメの趣味が一緒だった。そしてAshelyにどこから視覚的なインスピレーションを受けるのかと聞かれたので、私はいつも「セーラームーン」だと答えた。

私の最初のミックステープ「Beginner’s Luck」のアートワークを見ると、Baeのフライヤーと似たような配色を使っている。Baeのアイデアと色使いは「セーラームーン」と「クリーミーマミ」を参考にしているから。私はこの2つのアニメに使用されている色合いとのコントラストが可愛いと思って、気に入ってた。AshleyはそのアイデアをBaeにきれいに引用してくれたし。私たちが表現するビジュアルの意味をよく知らない人も、”これクールだね!”と言ってくる。

Bae Tokyo Party Flyer

Can you explain more about the Bae aesthetic?
Bae Tokyoが求める美学について詳しく聞きたい。

Jayda B: It definitely came from Sailor Moon, and Ashley she has her own style along with it. Its evolved over this year because from the beginning, the very first Bae flier that we had, even the first Bae Tokyo flyer, it was more of an ombre fading Like the “Beginners Luck” cover. From there, we kind of moved on to a vaporware style, but it’s more clean.
We focused on having a more broad audience to understand the aesthetic and made it not too ‘girly’.

Jayda B: セーラームーンからインスピレーションを得たのは確かなんだけど、Ashleyにも彼女なりのスタイルがある。今年に入ってきてからスタイルに変化はあるけど、一番最初のBaeのフライヤーとかを見ると、私の<Beginner’s Luck>のカバーと同様に3色のオムブレみたいな感じになっている。そこから、ヴェーパーウェア・スタイルに変わってきた。でももっとシンプルな感じで。’ガーリー’な感じよりは、もっと広い範囲の観客のためのデザインを作ることに集中した。

 

Is Bae Tokyo the agency to consist of all female members?
女性アーティストのみで構成されたチームはBae Tokyoが初めてなのか?

YonYon: Actually, there are a lot of girl DJ crews, from small ones to mainstream teams. However, they are all just groups that are formed by club-affiliated people or record companies. At least in Tokyo, I don’t think that there are any groups of female artists that also plays the role of an agency.

YonYon: 実は日本にも女性DJだけのパーティーや、女性クルーというものは存在する。その規模は小さなものから大きなものまで存在するけど、結局はクラブ関係者や音楽関係者によって操作されたもの。私たちBaeTokyoみたいに自発的にみんなで集まって、自らがエイジェンシーとして活動しているクルーはあまり見たことない。少なくとも東京では。。

Jayda B: It’s just so unfortunate because Atlanta’s situation is not that different from Tokyo. I’ve been doing radio for so long, and I always thought that a lot of the people I interviewed just so happen to be guys. It was never something I did on purpose, but it didn’t really dawn on me until I started DJ-ing. This is why Bae Tokyo is something that’s needed here. We’re supposed to be so progressive, yet we have things like this to highlight and normalize women in music and other industries. We struggled a bit with getting booked. When female DJs are in the lineup, they usually get the opening or the closing slots. It’s so hard for us to get the good slots. I mean what is that?

Jayda B: 実は日本だけではなく、私の地元のアトランタの状況にもショックを受けた。私はラジオ局で長年働いていたけど、いつもインタビューする対象は男の人だった。全然、意図したことではなかったけど、DJになる前はその傾向が見えなかった。世の中、進歩していると皆は言うけど、女性がこの業界で一アーティストとして受け入れられる社会にするためにも、この問題を可視化する必要がある。ブッキングされる時、正直困っていることは、出演者の中で女性DJの時なんかは、一番目立たない時間帯にプレイさせられる時がある。一人がオープニングでもう一人がクロージングとか。意味わからないよね。

I feel like when female DJs get attention, they are often somewhat hyper-sexualized.
実際に、注目を受ける女性DJは性的な面が過度に強調されている感じがする。

Jayda B : I feel that same way too. Girl DJs get overly sexualized, but then that puts a lot of weight on a lot of the girls as DJs, especially in Asia, in Japan. where a lot of girls are model DJs and they’re not “real” DJs, they feel like they have to dress a certain type of way to be accepted as a “real DJ”. I’ve thought about that a lot myself but I don’t want to compromise my sexuality or how I want to look just because I’m the DJ, all eyes are on me. I don’t want to be over sexualized, but also don’t want to have this thing on the back of my mind, you know like ‘ugh, I have to put on sweatshirt and baggy jeans just to be respected because I’m a girl’.

Jayda B : そう。だから、女性DJにはプレッシャーがあると思う。特にアジア、日本では女性がDJとして成功するためには、服装でDJをしなければならない、という偏見があったりとかある。多くの女性DJがモデルDJだし。私もこれについて考えてみたけど、注目されているDJというポジションにいるからと言う理由で、私の見た目(セクシュアリティー)を妥協したくはない。性的な面が強調されるのも嫌なんだけど、だからといって真のDJとして尊敬されるために “パーカーとジーンズ着なきゃ”とも思わない。

YonYon: At least, as a DJ, who stands in front of a crowd, I guess outfit does matter. But there are some prejudices about DJs. So if I go to the club wearing casual clothes, people ask me if I’m really the DJ. “What, you’re a hip hop DJ? For real?” that kind of stuff. When I tell them that I am a hip hop DJ, they say things like “If you’re a hip hop DJ, shouldn’t you be wearing hip hop clothes?” and look down on me. I’m not here to do a fashion show you know. The reason I avoid wearing revealing clothes is the same. I don’t want to be seen as a sexual object and I don’t want to be judged by my appearance.

YonYon: 最低限、人前に立つDJとして、服装はある程度気にしないとはいけないと思うけど、人々はDJに対する偏見があると思う。私がカジュアルな格好でブースの前に立ってるとあなたDJなの?って言われたり、ヒップホップDJですって答えるとヒップホップの人ってすごいなんか、ストリートファッション着るでしょう?なんか意外ですね?と言われる。私はあくまでDJをしにクラブに来た訳で、ファッションショーをしにきた訳ではない。私があえてセクシーな格好をしない理由も性的対象に見られるのが嫌だし、見た目で勝負したくないから。

Jayda B: It’s not even a thing about just being cute, it’s just being a girl. How girls should look. People will say things like “oh, she’s probably not the DJ. She’s probably somebody’s girlfriend.” Why is there this perception of how a woman looks, where she basically has to be the hoe at the party. I think it’s important that we think about things that we do within our own community as women to each other. To change that perception as a whole and having feminism accepted.

Jayda B: 他人にどう見えるかの問題は別にして、女の子としてどんな格好をしなくてはならないか決められているということが問題だと思う。“彼女は絶対DJじゃないよね、多分誰かの彼女でしょう”というのを普通にみんな言ってくる。セクシーな格好をしている女の子は絶対”Hoe”だという固定観念とか、コミュニティーの中で女性同士でも、クラブ内でどういう風に行動するについて考えてみるのが大事だと思う。その固定観念を変えて、フェミニズムを受け入れられる環境づくりに取り組むべきだ。

 

I feel like there would be more girls than guys compared to other parties?
Bae Tokyoに来るお客様は主に女性なのか?

Jayda B: Of course, at our parties the girls feel more comfortable because women don’t have to worry about getting scammed on by gross guys. They feel safer in that sense. But I think in Japan in general, many people don’t go out clubbing. I would like to see more random Japanese people come because of the idea but a lot of the people who come are already in the scene or interested in music and are mostly foreigners. When discussing feminism in Japan, I want more Japanese people to be more active considering what our own goals are and what we think we need to do. It’s also important to collaborate with people from other countries because we all go through different issues.

Jayda B: Baeパーティーでは変な男性客にナンパされたり、ちょっかい出されることがない為、女性のお客さんには当然に、このイベントはもっと安全な場所だと思ってくれている。しかし、そもそも日本の人は、クラブ文化を楽しむことに馴染みがないので正直な話、Baeのイベントに来てくれる人の大半は外国人だったり、既に音楽シーンに関わっている人たちだ。日本でフェミニズムに関する活動をしていくとき、私たちの達成したいゴールは何か、そしてそれを達成するために何が必要なのか、などを考えていく為にも日本人のお客様にどんどん来て欲しいと思う。世界中の他の国の女の子たちとコラボをしてからは、私たちがやっていることが少しずつ注目されるようになってきたと思う。例え女性の団体であっても、そうじゃなくても、皆自分の国でのそれぞれ違う問題に取り組んでいる。

 

Have you collaborated with other female crews as well?
他の女性クルーともコラボしたことがあるのか。

Jayda B: We just came back from Singapore, and I think what the girls in Singapore are doing really amazing because I think Singapore doesn’t have a well developed music scene. These girls(ATTAGIRL!) are really pioneering along with others, an underground music scene in Singapore. On the other hand, in Tokyo, there’s many different types of genres and different parties but the ideology of feminism doesn’t exist in Tokyo.

Jayda B : 私たちはちょうどシンガポールから戻ってきたばかりだ。シンガポールの女の子たち(ATTAGIRL!)は本当に素晴らしいことをしていると思う。それは、シンガポールにはしっかりとした音楽シーンが根強く存在する訳ではないから。彼女たちはシンガポールのアンダーグラウンド・ミュージックシーンのパイオニアです。一方、東京ではジャンルやクルーなどの多様に存在するが、フェミニズムのイデオロギーは存在しない。

YonYon: I go to Korea quite frequently, and I’ve noticed that gender issues that underlies in the music industry have started to be highlighted within the past 1-2 years. There are more opportunities for people to speak up about gender equality and LGBT rights through events now. Through these, young people who go through similar issues gather and have fun, which makes them realize that they are not alone, and feel assured to know that that communities that care about their rights. Seoul’s female DJ crew BICHINDA and feminist group Femi Dang Dang had a big role in forming this culture. When we were in Korea, we had a panel discussion about the differences between Korea and Japan’s perspective in feminism together.

YonYon : 韓国によく行くけど、1-2年ほど前からソウルの音楽シーンの中でジェンダーイシューの注目度は高まってきていると思う。社会におけるGender Equalityや、LGBTとしての自由の尊重などを、イベントを通して声をあげるようにもなってきた。同じ境遇の若い子たちが集まって一緒に遊びながら自分は一人じゃないんだと認識して、それを守ろうとしてくれる人たちがいるんだというのをコミュニティの中で感じることができる。そういった流れをソウルで確立させたのは、BICHINDAという女性DJクルーとFemi dang dangという政治的な集団。私たちは韓国公演の際、この子達と一緒に韓国と日本の間でフェミニズムの認識がどう違うのか対談することができた。

 

How do Japanese people react to Bae Tokyo?
Bae Tokyoに日本人はどう反応しているのか?

Jayda B: None of us (the management team) are Japanese natives. So it’s something that’s maybe expected from us because we’re all foreigners. But we all have our own perceptions and I think we shouldn’t be highlighting that we are foreigners, but to realize we want, we all know what we don’t want, and what’s not acceptable. Do we just have to keep quiet because we’re not Japanese nationals? It’s something we have to deal with everyday.

Jayda B: 意外かもしれないけど、Baeのマネジメントチームには日本人がいない。だから日本の人からすれば “あの子たちは外国人だからそういうことしている”と思われているのかもしれない。しかし、私たちはそれぞれ違う理念とアイデアを持っているし、違う環境で育ってきた。外国人の視線、アイデアという点を強調するのじゃなくて、何を求めているのか、求めていないのかを明確に理解するのが大事だと思う。私が外国人だからといってただ黙っているのもおかしな話だ。毎日直面している問題である。
.

I agree, because there isn’t even a word for ‘feminism’ in Japanese. It’s just the English word ‘feminism’.
日本人に「フェミニズム」という言葉自体が馴染みがないと思う。

Jayda B: So it’s like” what is that”? For me it’s a bit weird because I’m American. Women of color in America, we have so many different levels of our own issues that we go through and being American especially, already outspoken, when we come to a place like Japan you’re always thinking “what is this, why isn’t anyone saying or doing anything?’ Sometimes it makes me feel like I’m in the twilight zone.

Jayda B: 私はアメリカで育ったから、周りがフェミニズムを認識していないことは、ちょっと理解できない。アメリカで有色人種の女性は、本当に色々な問題に取り組んでいるけど、日本に来ると、“え、なんでみんな何も言わないの?”と思ってしまう。本当別の世界に来た気がするくらい。

YonYon: I think it’s just how Japanese people think. “Read the atmosphere” or “don’t be troublesome to other people”, these common expressions show the general ideology Japanese society shares. In Japan, people don’t look at you fondly when you voice your opinions. If a man harasses a woman in the subway and the woman screams, people just look at her and think “why does she scream and cause drama?”, when it’s the woman who is getting harassed.

YonYon: これは国民性の違いかもしれない。周りの空気を読めとか、相手に迷惑をかけないように行動しなさいとか、あたかも自己主張することがよろしくないといった認識を幼いころから植えつけられている気がする。満員電車でのお触りなど、女性がキャーと声をあげたら “迷惑だなー”という白い目で見られる。いやいや、襲われてるのこっちだし。

 

Is the Bae Tokyo party atmosphere different from other parties?
一般的なパーティーとBae Tokyoのパーティーの違いは?

YonYon: I think it’s different. Bae Tokyo is not a club event. It’s different, so people don’t come to Bae Tokyo to go to a club, but they come here to learn more about Bae Tokyo or the artists, or even to meet the artists. There is a dance floor of course, but on the lounge floor, the guests and the artists talk and interact with each other. We do other things like live painting or doing bae nail art so It really is a place for interaction.
It’s a community where the visitors and the artists can come together. On the other hand, other events are parties where the focus is on club music and of course, I have to play party music, while at Bae Tokyo, I just play music that I like as much as I want to. There’s not pressure. “Whatever you want, just play music”.

YonYon: 他とは違うと思う。Bae Tokyoは、単純なクラブイベントではない。つまり、音楽を聴きに来るとか、踊りに来るという目的にお客さん自身も重きを置いていないのでは、と思う。どちらかというと、どういうアーティストがBaeに所属して、どんな活動をしているんだろうとか、Baeが扱っているコンテンツに興味を持って会いに来てるれる感じ。ダンスフロアはもちろんあるのだが、ラウンジフロアではお客さんとアーティストが共に交流したり、フロア内ではライブペインティングをしたり、アイシングクッキーを販売してそれで盛り上がったりする。お客さんとアーティストがこのコミュニティの中で対等な立場になれるということ。他のイベントに関しては、音楽自体がメインのパーティーが多いので勿論、選曲とかもフロアが盛り上がるように意識してDJをやるのに対し、Bae TokyoでDJする時は、自由に自分の好きな音楽を好きなだけかけられるからいいと思う。そのクラブの雰囲気とか、そのパーティーの雰囲気に合わせて選曲しなきゃいけないといったプレッシャーから解放され、一言で”whatever you want, just play music”。
Jayda B: I think there’s also no pressure in general, because it’s all girls. I think it’s really important for all of us in the management team, to create a specific vibe that’s different from a general club or party vibe. For example, I was DJ-ing at a venue and a guy liked my set. He grabbed my arm and pulled me back saying “Hey, I really liked your set.” Of course, thank you, but just the way he did it, I thought to myself I don’t know if I should be angry or just go along with it and say thank you. But I know something like would probably never happen at Bae because of the vibe that we put out.

Jayda B: パーティーを作る人が皆女の子だから、お客さんもクラブに来ることへのプレッシャーがない。私たちマネージメントチームが他のクラブやパーティーと差別化したバイブを作ることが大事だと思う。例えば、この前クラブでDJをした時、ある男の人が私のDJセットが気に入ったのか、その人が私の腕を引っ張りながら”DJよかったよ!”と言ってきた。もちろんそれはありがたいことだとは思っているけど、その気持ちの伝え方に私は怒るべきなのか、ありがとうと言うべきなのかよくわからなかった。Baeには私たちが作り出すバイブがあるから、そのようなことは絶対起こらない。

There’s a lot going on at a Bae party, like selling merchandise, nail art and live painting performance. Do you have any plans on curating events other than parties?
Bae Tokyoのイベントではグッズの販売やアートパフォーマンスなどの様々な企画が目立つ。これからのユニークな試みがあれば教えてください。

Jayda B: March is Women’s History month and when we come back from Seoul, we’re collaborating with the Blossom Blast in 11th of March – the interview took place before the 11th- which is a yearly event that takes place near International Women’s Week at UltraSuperNew Gallery in Tokyo. We’re curating a Bae Tokyo day in collaboration with the Blossom Blast. We’re putting together somewhat of a “master class” in learning how to maneuver Pro Tools, for upcoming producers taught by one of the Bae girls, Chocoholic. We’re also having a panel discussion with the theme ‘Women and Freedom”, and then a closing party.

Jayda B: ソウルツアーから東京に戻ってきたら、’Blossom Blast’とコラボする予定。’Blossom Blast’とは、毎年3月に東京のUltraSuperNewGalleryで行われるイベント。私たちはBlossom Blastとコラボして3月11日にーインタビューが行われたのは11日以前ー’Bae Tokyo Day’という企画で参加する予定だ。具体的には、’Bae’のレギュラーメンバの一人であるChocoholicの新人プロデューサーのためのPro Toolsのマスタークラスや、’女性と自由’をテーマとしたパネルディスカッション、クロージングパーティーなどの企画が予定されている。

This year, UltraSuperNew Gallery opened their gallery in Singapore. Ironically, the girls in Singapore, Attagirl!, will be curating a night as well in affiliation with Blossom Blast. It’s weird how these things come together. We’ve always joked, ‘these are our sister baes’, and it’s exciting to think that we are connecting unexpectedly like this.

今年、シンガポールでも新しく、UltraSuperNewGalleryがオープンした。そして、私たちのシンガポールツアーを手伝ってくれた、ATTAGIRL!も”Blossom Blast”でイベントを企画すると聞いて、いつも “私たちってシスターBaeだね”と冗談を交わしていたので、こういう風に繋がるということがすごいと思う。

YonYon: We’ve started using a similar streaming platform like Boiler Room and Seoul Community Radio. We collaborated with a Japanese underground radio platform Block FM and started Bae Tokyo Radio. It’s a system that broadcasts live sets through video and I definitely felt that visual approach is more effective than audio. We want to expand this to a series with different themes. Not like club events, we put plants around the DJ booth and used a green screen to project Bae’s aesthetics visually.

YonYon: 最近新しく始めた企画といえば、Boiler Roomや韓国のSCRラジオに似たストリーミングライブをやり出したこと。日本や世界のTOP DJたちが参加する世界最新のラジオプログラムBlock Fmとタイアップして、“BaeTokyo Radio”というものを立ち上げた。初回は音声のみでの配信だったけど、今年の1月には映像と共にストリーミング配信を生放送した。新しく始めた試みでもあってまだ改善点は残っているけど、確実に音声のみの放送より、映像の方が圧倒的な拡散力を放つ。1時間の放送の中でDJをしながらトークも交わすが、今後はある一定のテーマを事前に決めてどんどんシリーズ化していくのも面白いと思う。

Bae Tokyo is touring around Singapore, Seoul and L.A. Why did you start the world tour?
シンガポール、ソウル、LAなど、ワールドツアーを企画した理由は?

YonYon: The idea came from International Women’s Day, which is the 8th of March, a day where women from all around the world strengthen their voice. As for Bae, we wanted to celebrate that and start a movement. The easiest way to do that was to go out of Tokyo and to do an event with artists from other countries. But before that, in the past year, we invited MISO from Korea to Japan, A/K/A Sounds from Singapore to Japan, and Ericalandia from LA. We’ve already had these girls to come to Japan once so we thought it was our time to go to other countries. We finished our Singapore and Seoul tour and we just have LA left. In the future, we want to make it like a documentary and show people what we are doing through this video platform.

YonYon: まずアイデアは 3月8日の’International Women’s Dayから来ている。その日は世界中の女性たちが“女性の政治的自由と平等のために戦う日”である。そこでBaeができることは何かと考えたとき、東京から外に出て違う国のアーティストと一緒にイベントをやりたいなと漠然と思い始めた。違う国のクラブシーンにおける女性達の立ち位置とかも知りたかったし、まずは私たちと同じ志を持つ仲間を見つけたかった。すでにBaeではMISOを韓国から呼んだり、A/K/A Soundsをシンガポールから呼んだりと、アーティストのブッキングを支援してきた。その為今度は自分たちが外に行こうと思ったのだ。現在、シンガポールとソウルツアーは無地に終了していて、残りはLA。ツアーの一部始終を撮影してまとめたものを近々ドキュメンタリーみたいな感じで公開したいと思っている。

Jayda B: It’s pointless to stay only in Japan when there’s so many women all around the world, who share a similar ideology. It’s better if we can work together. We want to collaborate with other girls who share the similar ideals and expand the movement.

Jayda B: 似たようなことをやっている女性たちが世界各地にいるのに、Baeが日本でしか活動しないというのはもったいないと思った。同じ理念を持っている人たちと積極的にコラボしてムーブメントを拡散していき、他の都市にはどんなことが起こっているのか探検したい。

Tell us about what you found interesting in other countries’ club scenes.
ワールドツアーを行いながら色んな国のクラブシーンを経験したと思うけど、特に印象的な部分はあったのか。

Jayda B: For me, I haven’t DJ-ed in a lot of countries. But I feel like Japan, a lot of people don’t dance. There’s a certain vibe where it’s usually mostly guys and all the boys are bouncing around, not dancing. Generally speaking, I think Japan is pretty open when it comes to music. In Singapore, Attagirl has a lot of knowledge about music personally. In my experience, I’m not sure that the audience in Singapore really knows about different styles and genres of music. That makes me look up to them even more because they’re really pioneering an underground scene, especially for women. It was my first time there so I’m not well informed about what goes on in Singapore but that was my first impression.

Jayda B: 私は、アトランタ、シンガポール、日本でしかDJとして立ったことがないが、東京の人はそんなに踊らない気がする。ただただ、男の人たちがあちらこちらにいる感じ。しかし、比較的日本は色々なジャンルを受け入れる。例えば私の経験では、シンガポールのAttagirlは音楽に詳しいけど、それに対してシンガポールのオーディエンスが受け入れる音楽は限られていると感じた。だから彼女たちをもっと尊敬することになった。特に女性がシーンを完全に切り開いているという意味で。シンガポールに行ったのは初めてだったから詳しくはないけど、私にはそれがシンガポールへ行った時の印象だった。

YonYon: In Seoul’s case, there’s a lot of new clubs coming up. They have the ability to invest in new music and new scenes, but compared to Japan, the number of DJs is fewer, it feels like the same DJs are playing in different venues. There’s a good side to this though, because it’s easier for DJ’s to promote themselves and gain a fanbase. Whereas in Japan, there are so many clubs and DJs, so they only get to play short sets and it’s very difficult for them to promote themselves. Japan brings a lot of mainstream artists with name value but lacks in having underground artists to play. It’s too risky. So it’s quite boring because of these issues. But Korea actively brings artists that are relatively not known if they make good music, so I think that’s quite amazing.

YonYon: ソウルに関しては、現在新しいクラブがどんどんできている。新しい音楽、新しいシーンに対してお金を投資する能力はあるが、まだDJの数が日本に比べてそんなに多くない。その為、いつも同じ人が所々でDJしている感じがする。良い点としては、お客さんがDJのことを覚えることができるから、その日のDJが良かったらファンになってもらえるケースが多い。DJもたくさん自分のプレイを色んな場所で披露できる為、自身のプロモーションに役立つ。逆に日本の場合は、クラブもDJも溢れて飽和状態。プレイ時間も短いから、自己主張するのはよっぽど目立ったことをしない限り難しい。日本は、ビッグネームのアーティストを招聘する力はあるが、海外のアンアーグラウンドシーンで活躍するアーティストはリスクがあるという理由でなかなか連れてこない。そういう問題があるから、今の日本のクラブは全然つまらないと思う。それに対して韓国は積極的に、あまり有名じゃないけどいい音楽を作っている海外のクールなアーティストをたくさん呼んでいるから、それはすごいと思う。

Korea has fewer number of female DJs than Japan. When I first started DJ-ing in Korea few years ago, there were rarely any female DJs. You could actually count the number of female DJs. When I played at Cakeshop for the first time, people would point at me being like ‘there’s a girl DJ.’ In Japan, no one’s really surprised even if I DJ. Also, I think the audience is different. In Japanese clubs, except for foreigners, people tend to just listen to the music in clubs. It’s more about observing what kind of music DJ’s play and how the mix it. On the other hand, Koreans immediately respond to the music that I play so I have no choice but to play “turn-up” music. To be honest, playing in Seoul is more exciting and fun because of their reaction.

韓国が日本より女性DJの数が少ないから、私が韓国で初めてDJをした時は本当に指で数えられるくらいの人数しか女性のDJはいなかった。当時、CakeshopでDJをした時は、’女性のDJがいるよ’、と指差される感じ?別に日本で私がDJしても誰も驚かないから逆に驚いた。そして、クラブに来るお客さんの姿勢にも違いがあると思う。どちらかというと日本のお客さんはクラブに来て音楽を鑑賞している感じがする。踊って騒ぐというよりは、DJがどんな曲をかけてどういうMixをするのか観察されてる気分になる。韓国は選曲次第で客の反応がはっきりわかるからどうしてもアゲめな選曲になりがちかもしれない。しかし、実際のところDJしてて楽しいのは韓国だったりする。

A DJ’s job is to constantly find new music. Any artists that inspired you recently?
DJというのは、常に新しい音楽を求め発信するのが仕事。最近インスピレーションを

Jayda B: A lot of what I’m listening to right now are from bass and vogue producers. Within that genre, a lot of the music quality isn’t good because a lot of tracks are rips directly from Vogue Battles and balls. As a DJ, that makes it harder to find an acceptable track to play that won’t blow out the speakers from a poor mix. There’s a producer named JAVASCRIPT who I really like. (https://soundcloud.com/djjavascript) He’s a bass producer, but he uses a lot of vogue samples.

Jayda B: 私は最近、BassとVogueミュージックにはまっている。Vogueというジャンルのトラックの大半は、Vogue battleとかBallsから直接録音したものが多いから、音質的にクオリティの高いトラックはあまりない。DJとしてクラブで流せられるほどのトラックを探すのが難しいジャンルである。JAVASCRIPTというプロデューサーの音楽をよく聞く。彼はBassミュージックのプロデューサーなんだけど、Vogueサンプルをよく使う。

YonYon: Lately, I’ve been listening to a lot of Little SImz. She’s a young female rapper from UK and released her second album, “Stillness in Wonderland” in December. I’ve been listening to this album a lot recently. The lyrics are very realistic. This album illustrates a story about her being in an Alice in Wonderland-like world. This Wonderland, is her idealistic world. She dreams of these ideals, but they’re no more than ideals, so she has to come back to the real world at some point. It’s a very realistic story. There’s no point in just daydreaming, right? You can always dream, but you have to come back to reality and move on, which makes it really cool. Also, the tracks are amazing. She uses a lot of jazzy samples and records with a live session(The Internet) so there a so many details and grooves that can’t be expressed digitally, so the sound is really cool.

YonYon: 最近だと、Little Simz (https://soundcloud.com/littlesimz)をひたすら聞いている。 UKの若手女性のラッパーだが、去年の12月に、Stillness In Wonderlandというセカンドアルバムを出している。リアリティーな歌詞を描く上、今回のアルバムに関しては、自分が不思議の国のアリスになったような感じの世界観を描いている。その“不思議な”という単語は、自分の理想の国つまり自分の理想そのものを目指して、夢の中に入って自分の理想を想像するが、それは結局理想のままで終わってしまうものだから、現実に帰って問題に直面しなくてはならないというメッセージを残している。その上、トラックのバックサウンドが最高。ジャジーなサンプルたくさん使ってるし、The Internetとのバンドセッションなども録音してるから、グルーヴもデジタルなものでは表現できないものが表されて細かいディテールとかも、かっこいいと思う。

Bae Tokyo’s official Website
Bae Toyko’s Instagram Account

 

Editing & Translation ㅣ Gaeun Joo
Textㅣ Gaeun Joo, Hyukin Kwon
Photo ㅣ Jiwon Ko

VISLA Magazine
VISLA Magazine / visla.kr
Web: http://visla.kr
E-mail: dominator@visla.kr

VISLA Magazine. #vislakr